プリザーブドフラワーの店エルムトップページ | プリザーブドフラワー完成品・手作りキット l 花材・資材販売

はじめに フォームのセット ワイヤリング(花) ワイヤリング(グリーン類)
テーピング リボン作り 花の補修 困った時に

プリザーブドフラワーアレンジの基礎(花の補修)
プリザーブドフラワーは自然のものなので、工業製品のように均一ではありません。中には大きかったり小さかったり、少し形がゆがんでいたりというものもあります。
お店で見た完成品と違うと思われることもあるかもしれませんが、生花を加工したプリザーブドフラワーは1輪1輪異なるのは止むを得ないことですので、どうかご了解頂きたいと思います。
以下を参考に補修したり、或いはご自分で工夫されて、素敵な花に変身させてからアレンジして下さいね。

花がつぶれている時

花がきれいな円形でなく、写真のように少しゆがんでいることがあります。
下のように綿(コットン)あるいはティッシュペーパーを詰めて補修して下さい。


綿を丸めてピンセットで挟み、花びらと花びらの間に差し込みます。少し奥まで入れた方が花が開きますが、あまり無理に押し込むと花びらがはずれることがありますので加減して下さい。
綿が無い場合は柔らかいティッシュを使ってもできます。

そのまま2・3日置いてきれいな形に戻ったら、またピンセットで取り外してください。
指を使って作業をすると花びらを傷めるので、必ずピンセットを使って下さい。

綿は取り外さずにそのまま入れておいても結構です。その場合は見えないように小さめに丸めて入れて下さい。
左のような色のバラですと綿を詰めても目立ちませんが、濃い色のバラに白い綿を詰めるとどうしても見えてしまいます。 バラと同色の綿があればいいのですが、そうでない場合は、似たような色の要らなくなったバラの花びらを切って丸めて使うと目立ちません。

花がつぶれている時だけでなく、全体的に大きいバラにしたい時も同様に出来ます。


花びらが切れている時

プリザーブドフラワーは多湿を嫌いますが、極端に湿度が低かったり、湿度の変化が激しかったりすると花びらにひびが入ることがあります。 また、柔らかい花びらなので、指で触れただけで少し切れてしまうこともあります。

写真では右上の部分が切れていますね。

切れてしまった花びらは元には戻りませんが、両側をハサミで丸くカットすると殆ど目立たなくなることもありますからお試し下さい。

但し、あまり深い切れ目の場合は却って不自然になりますから止めた方がいいでしょう。



切らずに接着することも出来ます。
切れ目の部分にほんの少しだけ薄めのボンドをつけて合わせると殆ど目立たなくなります。
付け過ぎると目立つので、楊枝などでほんの少量つけるようにして下さい。


花びらがどうしても気になる時はピンセットで挟んで抜いてしまい、他の花びらに綿などを詰めて広げてやると殆ど目立たなくなる場合もあります。但し、ピンセットで抜く時は花びらがバラバラにならないようご注意下さい。


花びらが広がりすぎる時

花びらが広がりすぎたり、取れかかっていることがあります。
花びらの端又は下の方に、グルー・ボンド等をつけて自然な形になるよう接着すると元通りのきれいな形になります。


花びらが取れた時

バラなどは花の下の方にグルー・ボンド等をつけて接着して下さい。


ダリアなどは花びらの根元にボンドをつけて差し込みます。グルーよりもボンドの方がやり易いと思います。
また、指でなくピンセットを使った方がやりやすいでしょう。

ダリアなどキク科の花は花びらが取れ易いので、取れそうな花びらは前もって接着しておいてからアレンジした方が安心です。


筒抜けしている時

稀にですが、中心部がそのまま抜けているものがあります。発送時の検品でこのようなものはお送りしておりませんが、配送時の振動等ではずれてしまうこともあるかもしれません。
このようなものは、花びらが全部ばらばらになってしまいますので、すぐに接着して下さい。

中心部に少し多めにグルー・ボンド等をつけて形を整えそのまま置いておくと、元通りになる場合も多いのでお試し下さい。

(なお筒抜けのものはお届けから3日以内にご連絡頂ければ交換させて頂きます)


花を一回り大きくしたい時(リメイク)

コットン等を詰めて大きくすることもできますが、貼りなおして大きくすることもできます。

まずバラを通常通りワイヤリング・テーピンクしてから、ガクと花びら9枚ほどを丁寧に取り外します。後で貼り直すので、順番に並べておいて下さい。

花びらを取り外すと中の花びらも取れやすくなることがあるので、元の部分をボンド・グルー等をつけて補強しておきます。
花びらは元の部分を2mm程切っておくと広げて貼りやすくなります。
花びらの元の部分にボンド・グルー等をつけて接着していきます。
内側から少しずつ広がるように張り合わせていきます。
ガクも接着して出来上がりです。

プリザーブドフラワーの店・エルム (c) 2002-